オンラインカジノの利益は一時所得

トランプ

旅行でラスベガスやマカオなど海外のカジノを楽しんだことがある人もたくさんいますが、日本人が海外のオンラインカジノで遊ぶことも違法ではありません。しかしオンラインカジノで利益を出したら、場合によっては納税する必要が出てきます。

オンラインカジノの利益は一時所得になります。この一時所得という部分は大変大きな意味を持ちます。一時所得には控除が50万円あり、さらに利益の半分が課税対象になります。 わかりやすく説明すると、50万円以下の利益であれば申告する必要はないのです。少額で遊んでいる限りそのような大金を稼ぐことはありませんが、ハイローラーと呼ばれるような高額取引をすれば50万円を超えることもあります。 申告が必要になったら必ず申告をしましょう。
日本の税務当局が海外のオンラインカジノに調査を入れることはできませんが、資金は必ず銀行を通して国内に戻ってきます。銀行は海外送金があったときに税務当局に申告をしますので、利益があったのに黙っていると後から追徴課税をされる危険があります。

税理士や会計士に相談して、しっかりと納税をするようにしてください。

夢中